海外アーティストの間で急増中!SNSのアイコンのサルのイラスト「BORED APE YACHT CLUB」とは?

最近、海外のセレブリティやアーティストを中心に、SNSのアイコンが猿のアートになっていることをご存じだろうか?これは、<BORED APE YACHT CLUB(ボアード・エイプ・ヨット・クラブ)>(以下、BAYC)というデジタルアートのNFTで、Bored Apeと呼ばれる類人猿が描かれている。

スポンサーリンク
@eminemのInstagram

【関連記事】世界中から注目を集める「NFT」とは?海外セレブも注目する「非代替トークン」をわかりやすく解説!

「BAYC」とは、10,000種類もの猿が描かれている NFTのアートコレクションだ。表情や、服装、持ち物など170以上のパーツが組み合わさっていて、1つ1つがユニークなものになっている。このBored Apeのアートを所有することにより、ヨットクラブのメンバーと見なされ、メンバー限定特典へのアクセスが許可される仕組みだ。

例えば、その特典には、「THE BATHROOM」と呼ばれるメンバー限定の特典がある。オンライン上で、絵を描いたり、コメントを残せるグラフィティボードにアクセスすることができる特典だ。このように、Bored Apeの購入者は、アバターやデジタルアートを所有する以外にも、時間と共に特典が増えていくクラブの会員権( メンバーシップ)を同時に手にすることになる。

Bored Apeがオンライン上でイーサリアム(ETH)で購入可能

(Source)
https://boredapeyachtclub.com/#/
BAYC のTwitter

スポンサーリンク