新規会員登録はこちら

【UK MUSIC】知っておくべきイギリス出身アーティスト5選

ミュージック

イギリスの音楽!というと、何が浮かんできますか?

「OasisやBeatlesなどの王道ロックバンド」「ArcticMonkeysなど実力派若手バンド」

「ColdplayのようなPOP系バンド」「デュア・リパなどアワード常連シンガー」

など思いつくとおもいます。

しかし、今回、紹介するイギリスのミュージシャンは全く別物です!!!!

NEWTCITYの独断と偏見で、最もかっこいい聴いておくべきものとなっています。

これを知れば、あなたも「知ってるねぇ〜!」なんて言われ、イギリス通ぶれます。

それでは見ていきましょう!

Rizzle Kicks

ジャンル:インディーポップ

活動時期:2011年〜

JordanとSylvesterのインドをバックグラウンドに持つ、ブライトン出身の2人組グループです。

曲のリズム、彼らのファッション、MVの雰囲気、どれをとっても格好いいです。

海外のゴリゴリのRAPって聞いていて苦痛になるときないですか?

音楽やアーティストの雰囲気、バックグラウンドは好きだけど、流石に英語わからないし、一定のリズムでちょっと。。。。なんて経験あるはず!

この”RizzleKicks”は彼ら自身インディーポップと言っているくらいRapでありながら、キャッチーなリズムで耳に入ってきやすいです、RAP苦手な方にもオススメ!

↓イギリスの国民的番組”XFactor”から誕生したスターOllyMursともコラボしてる曲がこちら↓

Olly Murs – Heart Skips a Beat ft. Rizzle Kicks (Official Video)

Slowthai

ジャンル:ラップ

活動時期:2015年〜

ノーサンプトン出身のスロウタイは、バルバドスとアイルランドをルーツに持つ26歳のラッパーです。

イギリスのRAPといえば、有名なグライムがありますね。

2ステップやレゲエ風のキレのいいグライムの特長のいくつかを取り入れつつうまくポップに表現している曲が多いのが特徴です。

2ステップやレゲエといえば、2010年代のイギリスでは流行っていたので、ちょうど思春期にSlowthaiも聞いていたのでしょうかね。。。なんて思いつつも、それらをうまくmixさせ真新しいジャンルにもなっています。

↓Blurのデーモン擁するGorillazとのコラボ曲はこちら↓

Alt-J

ジャンル:ロック

活動時期:2012年〜

リーズ出身の学生仲間から誕生したスリーピースバンド。

NETFLIXのオリジナルドラマ”OuterBanks”の主題歌としても使われていましたね。

イギリスで3番目の大きな街”リーズ”出身ということもあり、ガレージ風の洗練されたバンドです。

The Last Skeptik

ジャンル:ラップ

活動時期:2004年〜

イギリスのハックニーを中心に活動しているアーティストです。まさにハックニーによくいるやばそうなイギリス人!って感じですw

残念ながらネット上には日本語の情報がほとんどなかった彼は、DJ / 音楽プロデューサー / ラッパーとして活躍しています。

主にビートメイカーなのか、ほとんどの曲で他アーティストとコラボしています。

実は、本国イギリスでは、AdidasやPuma、Reebokなどのスポーツブランドの広告に使われているみたいです。

Skepta

ジャンル:グライム

活動時期:2000年〜

最後はこの中では一番有名かもしれません。

ノースロンドンのトッテナム出身のイギリス人MC”Skepta”です。

NIKEとのコラボシューズを出すなど、飛ぶ鳥落とす勢いのアーティストです。

Skepta ft. JME – That's Not Me (Official Video)

いかがでしたか。

なかなか日本語の情報が出回っていない、

絶対聞いておくべきイギリス出身のオススメアーティストでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました