世界を沸かすロンドン発祥の “Boiler Room(ボイラールーム)”とは?

<Boiler Room(ボイラールーム)>とは、2010年にイギリスはロンドンで設立されたオンラインストリーミングプラットフォーム。創成期は、ロンドンのアンダーグランドシーンの活性化を目的としていたが、現在では150都市、4,000以上のアーティストをフィーチャーするまでに拡大している。

Boiler RoomのYouTubeチャンネルはこちら

チャンネルを見てわかるように、多くのDJのライブのアーカイブが見れる状態になっていて、有名DJからトムヨークまで集っている。

元々、会員制だったライブ音楽セッションは現在、ロンドンをはじめ、アムステルダム、ニューヨーク市、ベルリン、リスボン、サンパウロ、メキシコシティ、クラクフ、東京、シドニー、リマ、ロサンゼルスで定期的に開催されており、毎月約35の新しいライブを開催し、アーカイブ配信している。

音楽ジャンルは、ガレージ、ハウス、テクノ、ダブなどの当時イギリスで流行っていたエレクトリックミュージックが中心だったが、グライムやヒップホップ、クラシック、ジャズなど、あらゆるジャンルをカバーするようになった。

イギリスの大手新聞<The Guardian(ガーディアン)>によると、<Boiler Room(ボイラールーム)>は、これまでに35億分以上の音楽をストリーミングし、最大40万人のユーザーが視聴している。

ロンドンを中心にアンダーグラウンドシーンが垣間見れる音楽プラットフォームを是非チェックしてほしい。

NEWTCITYが発信する音楽に関する情報はこちらからもチェック!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です